TEL LINE
MENU

なかなか改善しない足首の捻挫は名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

一番多いケガ!

足首の捻挫は大体誰もがなったことがあるケガだと思います。
「捻挫なんてただ足首捻っただけでしょ」など軽く思ったことありませんか?
足首の捻挫だと軽く聞こえるかもしれませんが、言い方を変えると「足関節外側靭帯損傷」になります。
なので、足首の捻挫は外側の靭帯が伸ばされて炎症が起こる「靭帯損傷」なんです。
重度のものは骨折を伴うこともあるので要注意です。
その捻挫の中でも頻度が高い部位が足首になります。
スポーツをしている時や転倒した時、あるいは筋肉不足で歩いているだけで足首を捻挫してしまう人もいるでしょう。それくらい足首の捻挫はポピュラーでよくある症状です。

足首の捻挫というと、まずは病院で診てもらう人も多いはずです。
しかし病院に行ったからといって足首の捻挫がよくなるとは限りません。

病院へ行っても、なかなか解消されないことがあります。
病院へ行くと、たいてい最初にレントゲンやMRIなどをとって足首の捻挫の精密検査をしていきます。
治療法も足首の固定や電気治療をやるだけが多いと思います
足首の捻挫を再発しないように、予防のためのリハビリを行うこともあるとは思いますが、重度の足首の捻挫しかやらないというのが現状です。
なので、足首の捻挫を再発してしまうことが多くなってしまうのです。

それでも原因が不明の場合は、病院でもなかなかうまく対処する事ができなくなるケースが多いです。

そのようなケースでも、名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院で足首の捻挫に対応する事ができるでしょう。
足首の捻挫の予防という面でも対応をさせていただきます。
原因がわからなくて不明な患者さんも、是非一度名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院までお気軽にご相談ください。

足首の捻挫をそのままにしないこと

病院へ行ってみても足首の捻挫がよくならないからといって、足首の捻挫をそのままにしてしまうのは、よくありません。
足首の捻挫をしてしまってからの処置が十分ではないと、いわゆる足首の捻挫がクセになってしまい、足首の捻挫を再発してしまうリスクも高くなってしまいます。
そのような状態になってしまうと、足首の捻挫は、日常生活にも響いてきます。
早期発見に努め、早めに病院、あるいは名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院にご来院し、足首の捻挫に対して、適切な処置を受けるようにすることをおすすめします。