TEL LINE
MENU
交通事故専門24時間対応お問い合わせダイヤル

物損事故の処理でもケガの治療は可能

物損事故とは、被害者の方の車だけが破損し、お身体に怪我が及ばなかった場合の事故のことを言います。しかし、物損事故とはいえ事故は事故ですから、身体に思いのほか強い衝撃を受けているケースがございます。痛みやしびれ、こわばりといった症状が現れてきたら、まずはすぐさま病院を受診してください。その後、名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院で不調を根本解消しましょう。

物損事故の後に、痛みやしびれなどの症状が現れた場合には、物損事故として処理していた事務手続きを、警察署に連絡して「人身事故」に切り替えなくてはなりません。そのためには、病院で「診断書」を出してもらう必要があるのです。しかし、レントゲンやCT、MRIなどの精密検査で原因がはっきりとわからない不調に対して、病院では、湿布薬や痛み止めを処方して終わり…というケースも少なくありません。名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院の交通事故治療で、痛みやしびれを根本から取り除いてまいりましょう。

名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院では、物損事故による不調にお悩みの患者様から事前にしっかりとお話を伺い、触診や視診を十分に行った上で、お一人お一人へ最適な治療プランをご提案しております。自賠責保険や任意保険の手続きも、当院が代行して進めてまいりますので、皆様には安心して治療に臨んでいただけます。いつでも気軽にご連絡ください。