TEL LINE
MENU

オスグットでお悩みの方は名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

オスグットになってしまう原因って?

そもそもどうしてオスグットになってしまうのか、気になりますよね。
オスグットは骨端線が閉じてしまう前の成長期に発症するもので、成長痛の一つとしても考えられています。

単なる成長痛であれば、多くのお子さんが発症してもおかしくありませんが、オスグットはそうではありません。

そこにはオスグットになってしまう原因がちゃんとあるのです。
例えば何かスポーツをしているお子さんであれば、指導者が厳しすぎて練習量が激しい場合もありますよね。
そうするとその子の筋肉量がグンと一気に増えていき、筋肉が硬くなってオスグットになってしまう事があります。

もちもと筋肉量の少ない子だと、その運動強度にだんだん耐えられなくなってきてしまいます。

体のバランスが崩れてしまい、大腿四頭筋に負荷がかかってしまうことでオスグッドが発症してしまうこともあります。
これは運動中に関わらず、普段の生活習慣の中でも多いです。

特に姿勢、体のバランスが大切になってきます。
よく話題にあがるのが「走る」「ジャンプ」といった動作になります。
これらの動作を行う時に膝が前に出てしまっていたり、背中が丸まってしまっていたりすると
オスグットの原因となる大腿四頭筋に強い負荷が加わってしまい、痛みの原因となってしまいます。

ストレッチ不足でオスグットになることもある?

スポーツをやる前に準備運動をしていなければ、オスグットになってしまう事があります。筋肉を使うと自然と収縮するようになっていますが、そのまま放置していると緊張状態が続いてしまい、かたくなり、オスグットを引き起こしてしまう事になります。

そのため、ストレッチをして収縮した筋肉を伸ばしてあげる必要があります。

しかし運動後に面倒になってストレッチをしない子も多いです。
指導者の問題でもありますが、ご自宅では親御さんが管理するなどしてあげるといいでしょう。

足底筋の低下によって足底のアーチが落ちてしまい、足元のバランスが崩れ、ももの筋肉でカバーしないといけない状態になってしまうこともあります。
あるいは股関節が開いてしまい、左右前後の体重がアンバランスになってしまう事があります。

えい整骨院での「オスグット」の治療

名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院では患者様の症状に合わせた治療方法を作成、ご提案しております。オスグットの原因は姿勢不良のままスポーツ活動を行い、それが大腿四頭筋に過度の負荷が加わってしまい、痛みが発生してしまうのがほとんどです。身長が伸びている時期だと負荷は強くなります。
何か気になる症状があれば、是非一度名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院までご相談ください。