TEL LINE
MENU

成長痛でお困りの子は名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

成長痛って何?

成長痛とは10代前半~12歳以上の子供たちの体から、大人の体へと変化させるためにも、
体内で性別にあったホルモンを分泌して、男の子は男性へ、女の子は女性の体へと変化させていくものです。

成長ホルモンが分泌されることによって、男女問わず体が大きくなってくるのですが、その変化についていけず、体に痛みが出てしまう関節痛の一つが成長痛です。

どうして「成長痛」が起こってしまうのかというと、その原因は12歳までの骨の状態が関係しています。

そもそも成長痛の原因って?

0歳~12歳まで、骨は成長ホルモンによって少しずつ大きくなっていきます。
しかし大きくなっても骨密度は成長スピードに合わせるために、柔らかいままです。
しかし12歳以上になり、たくさん成長ホルモンが分泌されることによって体が大きくなり、全身を使う力もそれに強くなってくると、12歳のままの骨が、その体の力の成長についていけません。

そして骨と骨が衝突してしまう事になり、痛みが生じるのです。

名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院では、このような成長痛を和らげるための根本的な施術を提供しています。
成長痛の他にも肩こりや腰痛、スポーツ障害やひざの痛み、交通事故の治療にもあたっています。
気になる痛みがあれば、お早めに名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院までご来院ください。