TEL LINE
MENU

シーバー病のケアは名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

シーバー病ってどんな病気?

聞き慣れない「シーバー病」という病気ですが、これはかかとの骨に関する症状です。
かかとの骨の一部が炎症を起こしてしまうことでかかとに痛みが生じてしまい、軽いランニングでもつらくなってしまいます。
年齢でいうと9~14歳頃に発症しやすく、子供がなりやすい病気です。
日頃から運動する機会の多いお子さんは、シーバー病にかかると行動を制限しなければなりません。
深刻になってくると歩行も難しくなってしまうので、そうなる前に、是非一度名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院にご来院ください。

シーバー病は成長痛ではありません

シーバー病と成長痛を同じものとして捉える人がいますが、違うものです。
成長痛は成長期に骨が急激に伸びる事で発生する痛みであり、筋肉の成長が骨の伸びに追いついていないことが原因です。

シーバー病は女子なら小学生、男子であれば中学生がなりやすいスポーツに関わる疾患です。
シーバー病になると走る時に痛みを感じてしまい、思いっきり走る事もできなくなり、歩く時も痛みを感じるようになるでしょう。
日常生活でもかかとを上げて歩くようになってしまいます。
シーバー病はひざに激痛が走るオスグッドと似ており、スポーツをしているお子さんがなりやすい症状です。