TEL LINE
MENU

シンスプリントになってしまったら名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

シンスプリントってどんな症状なの?

シンスプリントとは、スポーツをする人がなりやすい症状です。特に走る機会が多いスポーツをしていると、シンスプリントになりやすいでしょう。
シンスプリントは捻挫などの「急性のケガ、スポーツ外傷」とは違い、スポーツをした後などの違和感や痛みが長期間続く、『慢性のケガ、スポーツ障害』と同じです
「過労性脛部痛、脛骨過労性骨膜炎」と呼ぶ事もあります。
シンスプリントはいわゆる慢性のケガなので、症状を放置してしまい、痛みを我慢して走っていると、そのうち痛みが強くなり、走れなくなってしまいます。
痛みが強くなると、歩けなくなってしまったりなど、日常生活に支障がでてしまいます。
また、シンスプリントの症状を放置しすぎてしまうと、骨に負荷がかかってしまい、「疲労骨折」になってしまう可能性もあります。
シンスプリントの症状が進行してしまうと、スポーツをしたくても長期間運動を中止しなければならず、日常的にスポーツをしている人にとっては不便となるでしょう。

また、シンスプリントは時間が経過すると共に治りも遅くなってしまうので、できれば早期に徹底的な治療をしていく事が求められます。
症状が深刻化する前に、名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院にご来院することをおすすめします。
名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院は患者さんがシンスプリントになってしまった原因からしっかり追求していき、根本的に痛みを解消していくことを目指します。

シンスプリントの原因って何なの?

そもそもどうしてシンスプリントになってしまうのかというと、繰り返しランニングやジャンプをする事によって、
下肢の内側にある地面を蹴る筋肉、親指を曲げる筋肉、それ以外の指を曲げる筋肉の合計3つの筋肉が、脛骨の内側の骨膜と擦れて、炎症が発生してしまいます。
特に足首が硬い方、偏平足の方、外反母趾の方はなりやすいので、注意してください。