TEL LINE
MENU

交通事故治療の手順について解説させて頂きます



交通事故専門24時間対応お問い合わせダイヤル

交通事故の専門施術なら名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院にお任せください

交通事故による怪我や不調にお悩みではありませんか?怪我や不調が思うように回復・解消されず、痛みやしびれといった症状が長く続いている場合には、毎日の生活が大変不自由になります。名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院は、交通事故治療に特化している整骨院です。交通事故による怪我や不調を、今からしっかりと治療して、短い期間でお辛い症状を解消してまいりましょう。

交通事故で身体に強い衝撃を受けますと、骨格のバランスに乱れが生じることがあります。骨格は本来、あるべき位置に治まって筋肉や内臓を支えていますが、そのバランスに乱れが起こると、健全な筋肉や関節に余計な負荷がかかり、レントゲンやCTなどの精密検査で原因を特定することのできない痛みやしびれが生じやすくなります。名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院で、お身体を「骨格から」整えてまいりましょう。

名古屋市東区・名古屋市北区・名古屋市千種区のえい整骨院では、交通事故による怪我や不調にお悩みの患者様より治療前にじっくりとお話を伺い、必要に応じて触診や視診を行った上で、お一人お一人へ最適な治療プランをご提案しております。自賠責保険や任意保険の手続きも、そのほとんどを当院の方で行いますので、皆様には安心して治療に臨んでいただけます。いつでも気軽にご相談ください。

1回の施術でも痛みを改善できる即効性が魅力の名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院の交通事故治療院

地域人気第1位を誇る名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院ではこれまでに10万人を超える施述実績を誇ります。名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院では腰痛、肩こり、膝の痛みなどの慢性的な症状以外に、スポーツ障害や骨折など幅広い治療を行っております。

さらに名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院では交通事故治療も積極的に行っております。全国交通事故治療認定治療院である名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院では、骨折、打撲、捻挫、むちうちなどあらゆる交通事故による怪我に対応できます。

交通事故治療院専門誌には「神の手」を持つ交通事故、むちうち治療院のスペシャリストとして当院の院長が紹介されています。名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院では他の治療院や病院と比べても施術後の効果が実感しやすく、即効性が期待できると評判です。

初回の施述後に痛みを改善できるのは、名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院の骨盤矯正と筋肉調整を組み合わせたオリジナル治療の効果です。交通事故治療院でお悩みの方は名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院へお越しください。

初めて交通事故にあってしまった方へ

初めて交通事故に遭ってしまった方や、2,3回交通事故にあってしまった方など様々な方がおられると思いますが、交通事故に遭ってしまって「大丈夫。」と治療をせず、あとあと痛みやしびれ、倦怠感などの後遺症に悩んでいる方が多くいるのが現実です。
交通事故に遭った方は、症状の軽い重い、自覚症状のありなしでなく、交通事故治療の専門院にかかられることをお勧めいたします。

交通事故によって、受傷直後にレントゲンやCTで診察をしても異常なしといわれることが多くあります。しかし、交通事故から時間の経過とともに体にズレが起き、倦怠感、しびれや吐き気、痛み、めまいなどを伴うことが多くあります。

そうならない為にも、交通事故に遭ってしまったら、必ずご相談されることをお勧めします。

交通事故治療

当院は交通事故に遭ってしまった方の交通事故治療を行う院であり、むち打ちや腰痛、など様々な症状を訴えて来院される方がおられます。
交通事故の治療に対しては、特別な知識が必要とされるため特別に取り扱う必要があります。
当院では、特別な交通事故治療で早期回復、後遺症が出ない施術を行います。

交通事故治療よくある質問

質問:交通事故にあってしまったのですが、整骨院で治療はうけられますか?

回答:はい!交通事故に遭ってしまった際には、病院だけでなくこちらの院でも交通事故治療を受けることが出来ます。

質問:交通事故にあった際の治療費はどうなるのですか?

回答:交通事故に遭われた際は自賠責保険から治療費がまかなわれますので、ご本人様の負担はございません。

質問:今、交通事故に遭い整形外科に通院していますが、そちらに転院することはできますか?

回答:はい。大丈夫です!

質問:交通事故での治療はどんなことをしますか?

回答:症状に応じてとなりますが、交通事故直後は炎症を抑える為の施術を中心に行い、その後問題を起こしている筋肉や骨にアプローチし根本改善を目指し、後遺症の出ないようにします。

面倒な手続きはお任せ下さい

交通事故に遭われた際の、保険会社との面倒な交渉、手続きなどのご相談も承ります。
初めて交通事故に遭われた方にとって、保険会社とのやりとりは精神的にもストレスがかかり治療に専念できないことがあります。名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院では、交通事故専門の弁護士さんと提携しておりますので的確なアドバイスをお伝えすることが出来ます。治療はもちろん、事務的な面でも万全な体勢でサポートして参りますので治療に専念して下さい!

事故直後は痛みもないし病院でのレントゲンも骨に異常もないということで放置することが多いと思いますが、交通事故で強い衝撃を受けた場合、骨盤などにゆがみが生じている場合があります。その歪みはあとになって痛みとなって現れる事が多くあります。よく、事故直後は何ともなかったのに後から痛みが出てきた、ということはよくあります。事故の痛みは長引くことが多いです。また、痛みが引いても完治したわけではありません。気になり痛みが長引いてるときは、是非、名古屋市東区・名古屋市北区・千種区にあるえい整骨院に治療をお任せください。

現在、他の医療機関に通院中でも転院可能です

現在、整形外科や整骨院・接骨院に通われている方でも名古屋市東区・名古屋市北区・千種区のえい整骨院に転院することができます。転院については患者様に決定権がありますので病院や保険会社に許可を取らなくてはダメということはありませんのでご安心ください。特に面倒な手続きは必要ありませんので、まずはお電話ください!!

交通事故に遭ってしまった場合の手順

交通事故では初期の対応が重要です。下記に一般的な流れを記載しておりますが、交通事故後は冷静な対応は難しいです。少しでも不安を感じたらえい整骨院へお電話ください!

➀警察に電話

治療をする際に「交通事故証明書」が必要です。これがなければ交通事故での補償が受けられなくなる可能性があります。ケガの度合いが大きい小さいに関わらず、絶対に警察に電話してください。その際、相手側の免許書と車のナンバーを控えておきましょう。

➁医師の診断書を取得

痛みがひどくなくても整形外科に受診しましょう。交通事故治療をする際に、診断書がなければ交通事故でのケガと因果関係が認められません。医師の診断書がなければトラブルになりかねませんので、交通事故発生後必ず2週間以内に取得しましょう。

➂保険会社に電話

担当の保険会社にえい整骨院に通院する事をお伝えください。この際、「整骨院での治療は認められません」とウソを付く担当者が少なくありません。もしこのようなことがありましたらすぐに当院へお電話ください。

➃当院で治療開始

以上の手続きが必要になりますが交通事故治療の開始はいつでもOKです!診断書の取得前や保険会社に連絡する前でも交通事故治療を開始することができます。むしろ最初に当院へ来院された方が手続きの流れを伝えることが出来ますので、交通事故後すぐに来院するのが良いと思います。
また、➁での注意点で診断書の取得についてです。交通事故で良くある事例ですが交通事故で腰を痛められた患者様がおられました。その他首にも違和感はあったのですが病院の先生には腰としか伝えておらず、診断書には首の記載がありません。そして後日首に違和感が出たため治療をしたいと言ったところ診断書に記載がない為、交通事故で首を痛めたのにも関わらず、首の治療は自己負担になってしまう事があります。つまり病院でしっかりと痛めた箇所を伝えなければ交通事故での治療が認められませんので十分ご注意ください。

交通事故での転院について

交通事故に遭ってしまった際での転院についてです。交通事故のケガでは病院を中心に様々な医療機関を利用される機会がありますが、現在通院している医療機関で交通事故後の症状がなかなか改善しない場合、医療機関の転院を行うことが出来ます。もちろん交通事故後の転院は患者様自身の裁量できめることができますので、まずは転院を希望される医療機関に相談してから保険会社に連絡してみてください。現在通院している医療機関の先生は転院を認めないと仰る方も中にはいるかもしれませんが、交通事故をされた患者様の意思で決める事ができるということを必ず覚えておいて頂けると幸いです。しっかりと痛みを改善できる医療機関で治療しないと交通事故でのケガは後遺症に発展してしまうこともありますので、交通事故の転院に関して不明な点等ございましたらいつでも当院にご相談ください。

交通事故での診断書の発行の際はご注意を

交通事故に遭ってしまった際での診断書の発行について解説していきたいと思います。
交通事故後の診断書の発行は病院で行うものですが、ここで注意しなければならないなが交通事故後の診断書に記載された部位しか治療は認められていないということです。よくある事例ですが交通事故のケガで腰を痛めた患者がいらしゃいました。腰だけではなく交通事故によって首にも違和感はあったのですが病院の先生には腰が痛いとしか伝えていなかったので交通事故診断書には腰の痛みに対する記載しかありませんでした。次の日に、違和感があった首に痛みが走り合わせて治療を行いたいことを伝えても診断書の書き換えを行うことができないため、交通事故で痛めた首の治療に関しては患者様の自己負担となってしまうのです。つまり病院でケガをしてしっまた部位をしっかりと伝えなければ治療が認められないのです。ただ2週間以内でありましたら他の病院、セカンドオピニオンで交通事故診断書を発行して頂くことができますので交通事故後、数日して新たな場所に痛みが出る事もございますので、気になる痛みがある場所はすべて伝えるようにしましょう。

病院と整骨院の併用

交通事故治療での、整骨院と病院の併用について解説していきたいと思います。
まず、交通事故に遭ってしまった際の病院と整骨院の併用は認められております。
病院は特に優れた検査機器を完備しておりますので、交通事故に遭ってしまった際のケガの状態を検査する為には必要不可欠な医療機関であります。整骨院では手技での治療をきほんとし痛み止めなどで痛みを緩和させる治療でなく、痛みの原因となっている症状に対して根本治療を行いますので継続して交通事故治療を行う場合は整骨院での治療を推奨します。
ただ、病院と整骨院の併用をすることで、整骨院で見れないレントゲンでの骨の状態を確認したいときは病院に行き、病院では手技でしっかりと筋肉のハリをほぐす時間が整骨院に比べると少なくなってくるので、手技で筋肉のハリをほぐしてもらいたいときは整骨院に行き、併用する事で交通事故でのケガも早期症状改善に向かう事ができます。