TEL LINE
MENU

肘内症にお悩みの方は名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

肘内症(ちゅうないしょう)の原因とは?

小さなお子さんの関節は、大人よりも可動域が広いのが特徴です。
靭帯もまだ弱いので、腕を急に強く引っ張ってしまうと、靭帯から骨が外れてしまい、肘内障が発生してしまう事があります。

具体的にどのような状況で肘内障を発症する事が多いのかというと、親子が手をつないで歩いている時に、子供が転びそうになって、腕を引っ張る時です。

この他にも、転倒して地面に手をついてしまった時や、不自然な姿勢で寝返りをしてしまった時に、肘の骨が靭帯から外れて肘内障になる事があります。

もしもお子さんが、肘を痛がっていても腫れや赤みが見られないような場合には、肘内症の可能性が高いです。

こんな症状があれば名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院まで

もしも次のような症状があれば、是非一度名古屋市東区、名古屋市北区、千種区のえい整骨院で施術を受けにきてください。
・肘を触ろうとすると嫌がる
・前腕が内側を向いている
・腕がだら~んとして動かさない
・泣き方がいつもより激しく、火がついたように泣く
・肘が曲がらない

肘内障が起きやすい年齢のお子さんは、肘が痛くてもなかなか親にその痛みを伝えられない事があるので、日頃からお子さんの様子を観察しておき、異変に気付けるようにしましょう。